今日は、みんなが知っているようで知らない銀歯のお話しです。

虫歯治療した際、治療後に削ったところに銀歯を詰めるよね。

銀歯と同じくらいプラスチック(コンポレットレジン)も主流。

しかもプラスチックって銀歯よりテクニックが必要なの。

先生によっては仕上がり具合が異なります。

何でかって?

銀歯は技工士が介入するのに対して、プラスチックは、歯科医師が直接歯に接着させるため、その場で形成する必要があります。

なので、歯科医師のテクニックが重要なんです。

話が脱線しましたが、 銀歯のリスクとは銀歯を外したら、その殆どが虫歯になっていることが多いです。

では、その証拠写真を

中から虫歯。

次は、こちら。

銀歯を外したら、神経が見えそうなくらいの虫歯。

じゃ、なんで虫歯になるのか?

銀歯は金属であり、歯より硬い。だから、歯に掛かったチカラの分だけ歯に食い込んでいくのよ。

=歯の中からダメージ受ける

さらには、虫歯になりやすいのは噛み合わせの当たりが強いところが多い。

=銀歯が取れたり、また虫歯になる

で、なんども繰り返していくうちに虫歯が進行して、最終的に歯の神経を取るしかなくなるのです。。。

噛み合わせって大事!!

先ほどの虫歯はプラスチック(コンポジットレジン)で治療しました!

キレイに整えて

からの

 

医療法人社団デンタルキュア(ys-dentalcure.jp)