患者さんの考えている審美歯科と歯科医師の考えている審美歯科って違いますよ!

患者さんが考えてる審美歯科、その写真はこちら。


(ワイズデンタルキュアに歯の相談に来られた時の写真)

この歯をやり直したので、写真見てください。


歯科医師が考えている審美歯科です。

違い。わかりますか??それぞれの写真を並べるよ。

この歯を見比べてみて、どっちが技術力があると思う??じゃ、写真をアップにしてみるね。よーく、見比べてみて!

両方セラミックなんです。

どっちが高価だと思う??どっちが技術力が高いと思う??

患者さんが考えている審美歯科って、どちらかというと極端な変化を求めるもの。

歯科医師のいう審美歯科は元に戻すもの。

これは少し極端なたとえかもしれないが、基本的に患者さんの考えている審美歯科と歯科医師の考えている審美歯科って違うといえる。

でもね。極端な変化って意外に技術力がいらないのよ。

患者さんのフェイスラインや噛み合わせを考えないで歯の高さを無理やり揃えたり、歯の表面が真っ平らだったり、分厚かったり、陶器のような白色だったり。。

一時期、極端な変化が流行ったと思う。だが今は、極端な変化を求めてた患者さんは、ワイズデンタルキュアにセラミックのやり直しで沢山相談と治療に来てるのよ。

何でだと思う??

その答えは続く!!<<セラミックのやり直し症例の記事はこちら>>

医療法人社団デンタルキュア(ys-dentalcure.jp)