先日このような質問をいただきました。

歯列矯正するということを前提としなくとも

親知らずは噛み合わせを狂わせていることは多いです。

なので必要である状況以外は早めに抜くべきです。

特に現代は親知らずは歯並びに並ぶように萌出しないこと

のほうが、一般的です。

その理由に関しては、現代人は顎が小さくなったといわれますが

それは完全にウソです。

この件に関しましてはまた後日書き足そうと思います。

今回は親知らずを残したまま、歯列矯正を行った方が

歯列矯正のやり直しで来院されました。

その方の症例を例にご説明します。

親知らずを残したまま歯列矯正を行い、奥歯の崩壊を招いたケースです。

その崩壊のメカニズムを順を追ってご説明します。

親知らずが横を向いて寝ているような状態です。

このような状態のまま、マウスピース矯正を行って

いると

まず一番後ろの奥歯と親知らずはぶつかり、手前方向に力がかかります。

まずは手前の歯の間がクラッシュ。

虫歯ができて当方が手掛ける前に治療したようです。

その力は黒い矢印方向に歯の根を寝かすよう

働きます。

そうすると

力は青い矢印のように働き、歯を傾斜させながら

結果として

一番奥の歯の黄色い矢印の部分をせり上げていきます。

そうするとそのせりあがった歯の頭は

ガツンと上の歯の角にぶつかるようになり

結果的にこの方は上の歯は虫歯になりかぶせ物と

なっています。

上の一番後ろの歯は赤い矢印のように移動しながら

現在は手前の歯の間にぶつかり虫歯を生成しているというわけです。

このように特に歯列矯正として親知らずに利用価値がある場合を

のぞき、親知らずを残したまま歯列矯正をすることは、より

リスキーということです。

近いうちに別ケースで親知らずが引き起こした弊害を同じように

ご説明します。

 

私たちはあなたの口元のコンプレックスのお悩みを解決します。

もう手でお口を隠して笑わなくてすみます。

メール相談大募集!

歯を白くしたい!歯並び!噛み合わせ!歯がない!虫歯!噛めない!
入れ歯とわからないようにしたい!
などなど、幅広くお答えします。

 
このような方、お気軽にご相談ください。

ワイズは世間のイメージと違い

逆にお口が崩壊しているような

画像のような症例が得意です。

◇◇お気軽にLINE、メールでご相談ください。◇◇

歯並び、噛み合わせ、多発性の虫歯のお悩みは、

まずは各種オンライン相談で!

その方法は???

1.こちらのサイトのお問い合わせフォームから

お問い合わせいただく

http://www.ys-dentalcure.jp/

 

2.公式LINEから相談をいただく。

 

友だち追加

3.直接メールをいただく。

info@ys-dentalcure.jp

 

噛み合わせや、その他歯のお悩みは

そのままお困りの内容をご記載ください。

 

歯並びのご相談の場合はご希望の治療内容を
1.針金はいやだ!(治療期間通常1ヶ月~)
2.下の歯だけならいい(治療期間半年~)
3.針金でいい(治療期間2年~)
この三つのどれかを選んで三方向の歯並び画像と一緒に

送ってください。

 

お待ちしております。
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 

医療法人社団デンタルキュア(ys-dentalcure.jp)