この検査をするのが本当の歯列矯正の検査じゃないかな?

その検査は、口腔内をデジタルスキャンします。

口腔内をデジタル化することで、矯正のゴールをイメージすることができます。

デジタルの良いところは、口腔内の型取りをしなくていい。

あのぐにょぐにょ、口に入れるのが苦手な人多いよね。

だけど、ほんとはね、そんなことよりも、もっと大事なことがあるのよ。

「ヒューマンエラーの最小化(防止)です!!!」

矯正のステップが頭に入っていても、今月これくらい歯が動くなど頭でシミュレーションしても

歯列矯正の経験豊富な先生だって、人間なんです。

それが、今はデジタルで歯列矯正するAIの時代が来たんです。

医療法人社団デンタルキュア(ys-dentalcure.jp)