噛み合わせが、虫歯を作る!
※今回の記事は、イチ歯科医師の意見なのでお許しください!!

歯医者がなぜ虫歯を歯磨き不足でまとめざるおえないのか?2018年8月21日の日本歯科新聞より。

研究結果としては、これを確定したことは大変であったのであろうと思います。この研究をなさった先生方には、敬意を表するものです!!

でも、実際こういうかみしめが歯牙破損だけではく、その下の歯周組織→歯茎に影響を与える。つまり噛み締めで骨が溶けるよ。ということが公式になったと言えます。

なので、言わなくとも噛み締めそして噛み合わせが、歯茎に影響があるのに象牙に影響が出ないわけありません。

ならばなぜ、いつまでも虫歯の人を噛み合わせの修正しないのか??

パターン1は、口腔内疾患をすべて虫歯菌、歯周病菌のみによるものだとしている。

パターン2は、わかってはいるのだか、どうしようもできない。以外とこれに悩まれている先生が多いと思います。

なぜなら、噛み合わせの検査をする器具がない。

仮に器具があっても小さい虫歯治療に対して噛み合わせ検査まではしない。
※私の医院は違う!など思われる先生方もいらっしゃるかと思いますが、イチ歯科医師の意見なのでお許しください!

ちなにみ、噛み合わせを検査器具ってこんなのです!やってもらったことありますか?

ワイズデンタルキュアは、自費治療なので保険診療のように、制度に縛られることなく患者さんの主訴・口腔内の問題に時間をかけて向き合うことができます。

もちろん保険診療内であっても、多くの歯科医師が、患者さんの問題に答えようと頑張ってます。

何が言いたいかというと、あなたのかかりつけの歯科医師を信用してみてください。

ワイズデンタルキュアは、いろいろと検査項目があります。しかしそれは、お口の中に入れてもらう95パーセント保険外診療だからです。

ぜひ、正しい噛み合わせを!!

医療法人社団デンタルキュア(ys-dentalcure.jp)